「土のオブジェワークショップ」

「土のオブジェワークショップ」

日時:8月中旬から31日 朝から夕方
作家:岩渕 幸治(陶芸家)
場所:さとやま広場
参加:無料
主催:タラチネの会
協力:東北珪砂、浅野花卉、(有)高橋商店、風の沢ミュージアム
くりはら万葉祭の象徴、巨大な土のオブジェを共同で公開制作します。

山形県大石田町の東北珪砂さんから、粘土約4トンをご提供いただきました。

大西建設興業さんからダンプをお借りして、粘土を搬入。
粘土を前に試行中の岩渕氏。

(有)高橋商店さんから足場をお借りし、オブジェの骨格を制作。


粘土を使いやすくするため、協力者と共に練り上げます。
種子をイメージしたオブジェを制作中。

2014年企画展作家・泉田之也氏が協力に駆け付けました。
お借りしてきた土練機を使って、ひたすら材料となる粘土を練り上げます。
乾燥と自重に配慮しながら、丁寧に制作中の岩渕氏。


種子をイメージしたオブジェ。

花をイメージしたオブジェは、粘土と漆喰で造形し、紅ガラで装飾します。
暑い日が続き、日よけをしながら作業。

カマドとなる台座部分を制作中。所々に空き瓶を入れ込む。
浅野花卉さんのご協力により、種子をカマドに乗せる作業。
絶妙な玉掛けにより、無事鎮座。


オブジェの数を増やすため、新たに骨組みを制作。

3週間ほどの工程の中では、猛暑と雨に度々悩まされ、オブジェの一つが崩落。


いよいよ万葉祭前日の様子。

当日足場を撤去しお祭りの準備へ。

お祭り後のオブジェ。

「野焼き大会」


「野焼き大会」
日時:10月8日(日)10時から
場所:さとやま広場
主催:タラチネの会
縄文土器を野焼きにて焼成します。
10時から点火し、16時頃に焼成を終え、17時頃には取り出されます。
18時からはカフェにてライブパーティーをおこないます。




「第10回くりはら万葉祭 -土と火のまつりー」

「第10回くりはら万葉祭 -土と火のまつりー」


縄文土器の野焼きと地域の伝統芸能を主体とした、土と火のまつりです。
栗原市内を中心とした11店舗の出店が並びます。
今年度企画展作家・木村泰平が、土のオブジェを手掛けます。
日時:9月10日(日)12:00~20:30
  開会式12:00 清め祓い、鶏舞、点火式など
  昼の部14:00~17:00 ワークショップ(土器づくり、芸能体験)
  夜の部18:00~ 伝統芸能上演(鹿踊、神楽など)
場所:風の沢ミュージアム・さとやま広場
駐車スペースに限りがありますので、乗り合わせの上お越しください。

神事

開会式、神事

野焼き火入れ

鹿踊りの着付け体験ワークショップ

野焼き

伝統芸能

東京鹿踊によるワークショップ

鹿踊りの体験ワークショップ

土器づくりワークショップ

縄文土器による土器汁

伝統芸能

伝統芸能ワークショップ

「このすた~ず」スコップ三味線

木村泰平の土のオブジェ


鹿踊り上演


野焼きによって焼成された縄文土器

 

「土のオブジェワークショップ」

「土のオブジェワークショップ」
くりはら万葉祭の象徴、土のオブジェの共同公開制作
日時:8月中旬から
作家:木村 泰平
主催:タラチネの会

2017年度企画展作家の木村泰平によるワークショップ。
くりはら万葉祭においての象徴である土のオブジェを、地元協力者と共に制作。
これまで高さを求めてきた流れと異なり、土を掘って造形。
企画展の作品とも共通性のある、構造体を組み合わせた構成。
くりはら万葉祭では火入れされ、地下から炎が噴くイメージ通りの出来となりました。

「みる?つくる?あそぶ!「土と火の祭り」事前ワークショップ」

「木村泰平ワークショップ」

日時:8月20日(日)
場所:レジデンス棟
作家:木村 泰平
料金:無料
今年度企画展作家の木村泰平が、くりはら万葉祭における象徴、土のオブジェを制作します。
オブジェ制作のプランや進行状況などを解説。