「オープニング」

行動芸術展「家は歌っている-お蚕様の紡ぎからー」
「オープニングセレモニー」

オープニング
日時:11:00から
場所:母屋前
ギャラリーツアー
オープニング終了後
案内:森繁哉(風の沢ミュージアム館長)
市内外から大勢の方々でにぎわいました。

行動芸術展「家は歌っている-お蚕様の紡ぎから-」

2019行動芸術展「家は歌っているーお蚕様の紡ぎからー」

この地方には、養蚕という産業が家計を支えていた時代があります。そうした営みの深部には、そのことを担っていた家人の夢や希望の原質が眠っているはずです。そんなことを考え、今回、風の沢ミュージアム「家シリーズ」の第二弾として、標記の「行動芸術」を創りました。
それぞれの作家、研究者、地元技術者たちが「養蚕」の原型に想いを馳せて、「蚕=羽化」への変化のプロセスを作品化していきます。
「蚕」という生き物が幾重もの変貌を遂げていく様は、私たちの存在の象徴ともいえますが、そのことを担ってきた人々の夢の紡ぎ方でもあると思えます。家で繰り広げられてきた人々の想像力の展開をご鑑賞ください。    総合監修:森 繁哉

行動芸術
それぞれの作家、研究者たちが多様な思考と技術の参加を持って、ひとつの作品の成立を目指していく芸術行為の在り方

日時:2019年4月14日(日)から10月20日(日)まで
場所:風の沢ミュージアム(〒987-2302宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11)
主催:風の沢ミュージアム
共催:NPO帰園田居創生機構
後援:栗原市、栗原市教育委員会, 河北新報社

作家 一條 好江
内に秘めた情念の夢を一枚の紙に転化して、私たちを夢幻世界に誘う日本画家
作家 清水 貞志
大地の息吹をそのまま感じさせるような力強い作風で陶芸の新しい世界を築こうとする陶芸家
作家 外丸 治
少年時代に野山で遊んだ不思議に懐かしい体験を木工作品にしてみなさんにお見せする木造形の
作家 中野 聡子
柔らかな身体の質感と季節のたおやかさを日本画に織り込んだ作品で将来を嘱望される作家
調書 早川 知子
民俗社会を丹念な調査によってその深層性と固有性を明らかにしていく研究者
監修補助 松村 知紗
今企画展の資料と文献を採録しながら監修補助として関わりつつ、イベントでは歌と踊りを披露する舞台活動家
デザイン 高橋 尚史
紙媒体を格好のデザインによって伝達媒体に仕立てあげていく地域在住の仕事人

冊子「お蚕さまに会いにゆく」
監修:森 繁哉
調書:早川 知子
調査:松村 知紗
※企画展終了後も一部500円にて販売中。










































 

里山人間学 第3回講座「里山の妖怪たち」

里山人間学 第3回講座「里山の妖怪たち」


日時:7月7日(土)13:30から
場所:小劇場馬屋
料金:1,000円、高校生以下無料
主催:NPO法人帰園田居創生機構
講師:東 雅夫(アンソロジスト、文芸評論家)
1958年生まれ、元「幻想文学」編集長。現在、「幽」編集顧問。著書、監修書多数。
平成30年度地域づくり団体活動支援事業

●開の儀
祭祀執行:森 繁哉
奉納演奏:松村 知紗
音響、照明:一條 好江

●講演と朗読
東 雅夫「里山と怪談」

 

 

里山人間学 第2回講座「どこにもいないあの人に会いにゆく」

里山人間学 第2回講座「どこにもいないあの人に会いにゆく」
日時:6月3日(日)13:30から
場所:カフェ

講師:山形  孝夫(宗教人類学者、宮城学院女子大学名誉教授)
主催:NPO法人帰園田居創生機構
共催:風の沢ミュージアム
平成30年度地域づくり団体活動支援事業

講師略歴:宮城県仙台市に生まれる。東北大学文学部宗教学科卒。同大学院博士課程中退。宮城学院女子大学助教授、教授、学長。1988年『砂漠の修道院』で日本エッセイストクラブ賞受賞。著書多数。

講演内容

 1.「母上様、お許しください」沖縄特攻隊員の遺書
2.「遠野物語99話」柳田國夫
3. 宮沢賢治の詩「おれはひとりの修羅なのだ」
4.「死者の声が聞こえる」モーリス・ブランショ
おわりに

生と死をテーマに、講師自身が幼少期から抱いている記憶をはじめとして様々な事例を挙げ、亡くなった方の面影を追いながら生きている我々がその記憶とどう向き合い、昇華させていくかというヒントを示唆した。

里山人間学 第1回講座「良寛」

里山人間学 第1回講座「良寛」

日時:5月19日(土)13:30~
場所:レジデンス棟
講師:兼歳 正英(演出家、映像作家)

料金:無料
平成30年度地域づくり団体活動支援事業

地方で生きることの意味を良寛の生き様や様々なエピソードを通して論じ、また撮影現場における講師や演者の実体感を紹介しながら、自己を受容する在り方を説いた。

行動芸術展「家に帰る、カオスモーズ」

2018行動芸術展「家に帰る、カオスモーズ」

風の沢ミュージアム(宮城県栗原市)は2018年4月22日(日)から10月21日(日)まで、行動芸術展「家に帰る、カオスモーズ」を開催いたします。
風の沢「家ミュージアム」は、みなさま方のご支援により十四年に亘り、美術館としての活動を継続してまいりました。そうしたご指導を土台といたしまして、今期より、新しい展開を開始いたしたいと思います。
企画展、「家に帰る、カオスモーズ」は、家屋美術館ならではの、家の普遍性を思考し、家から発する芸術の誕生を意図いたしております。「行動芸術」と名付けられた共同制作は、ひとりひとりが、それぞれの家を持ち続けている現代の多様性を象徴いたしております。みなさんと共に、「家」=「居場所」を作り上げていけることを願っております。
「カオスモーズ」とは、カオス<混沌>、コスモス<世界>、オスモーズ<浸透>の合成語で、哲学者フェリックス・ガタリが提唱した概念です。多様な価値の中で、確かに、静かに息づいていくものへのまなざしの所在を、考えてみようとしました。

 顧問 森 繁哉

日時:2018年4月22日(日)から10月21日(日)まで
場所:風の沢ミュージアム(〒987-2302宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11)
主催:風の沢ミュージアム
共催:NPO帰園田居創生機構
後援:栗原市、栗原市教育委員会, 河北新報社
総合監修:森 繁哉
空間表現:杉浦 節美
画:松村 知紗
調書:早川 知子

この企画展は行動芸術と称した共同制作による空間表現となります。
受付で最初に冊子「家に入るための敷居について」が手渡されます。
館長であり総合監修の森 繁哉がまとめた冊子は、早川 知子による民俗学的聞き書き調査の調書と共に構成され、読み進めることで家空間へといざなっていきます。
引き戸を開けるとそこには何もない板の間が待ち受けます。
何もないことでむしろ空間の闇を強く感じます。
そして囲炉裏にくべられた薪のにおいや煙が身体を刺激し、次第に目が慣れてくると、どこからともなく音が聞こえてきます。
耳を澄ますと、それらは生活の中の様々な音であったり、会話であったり。
家の歴史の中で営まれた人々の息づかいを想起させます。
そして囲炉裏に視線を移すと、淡い映像が浮かんでは消えを繰り返しています。
家に住んできた人々の記憶が走馬灯のように映し出されているかのようです。
この映像のオリジナル画は松村 知紗によって描かれ、カフェに展示してあります。

次に座敷に入ると、そこには色とりどりの布が垂れ下がり、空間がハレを連想されるようです。
また座敷空間にはサラシ布が浮遊しているかのように舞い、縁の綱をモチーフとして生と死の循環を感じさせます。
砂に埋もれた数々の生活の品は日常・ケとしてとらえられ、ハレとケが分離されず互いに補うような一体性を表現しています。これらはこの家のオーナーである杉浦 節美によって構成され、家の歴史の一部として今回参加となりました。

この「家巡礼」の詳細については、冊子「家に入るための敷居について」に解説されています。
なお、会期後も一部500円で販売しております。