「戸板絵の鑑賞」

「戸板絵の鑑賞」
晩秋の庭に飾られた「戸板絵」を鑑賞しながら、館長・森繁哉が庭をイメージしたダンスを披露する。
日時:12月1日(日)13:30~
場所:母屋前
料金:無料
作家:中野 聡子
出演:森 繁哉、松村 知紗
主催:風の沢ミュージアム


















「土の章」土のオブジェワークショップ

「土の章」土のオブジェワークショップ
日時:8月25日(日)〜9月6日(金) 10:00〜17:00

巨大な土のオブジェを共同で公開制作
場所:里山公園
料金:無料
作家:清水 貞志
主催:タラチネの会
共催:風の沢ミュージアム
協力:東北珪砂ほか
ージアム2019年企画展作家のひとり、清水貞志氏による、土のオブジェワークショップ。「くりはら万葉祭」の象徴としてのオブジェを、共同制作、公開制作で泊まり込みながら造形していった。準備された粘土約3.7トン、山砂約3トンの材料を9割以上使用し、万葉祭史上最大級の5.5メートルの土のオブジェを完成させた。












「桑の葉茶づくりワークショップ」

「桑の葉茶づくりワークショップ」

風の沢ミュージアムの今年度企画展「家は歌っているーお蚕様の紡ぎから-」では、かつて家々で営まれていた副次的産業である養蚕をテーマにしています。行動芸術展と銘打った今展示の作家のひとり、中野聡子さんが企画する今回のワークショップでは、養蚕に欠かせない桑の葉を取り上げます。
 この風の沢ミュージアムの母屋でも、かつて暮らしていた方々によって養蚕が営まれてきました。駐車場からのアプローチに、その名残として今でも桑の木がたたずんでいます。今回はこの桑の木の葉を採取し、桑の葉茶を作ってみます。
今回の企画展出品作品と、秋に公開予定の制作中の作品の話をおりまぜながら、身近にある桑を手にとり観察してみることで、展示テーマの「養蚕」を考えてみます。  中野聡子

今回のワークショップ
1.桑の葉の採取/ 2.葉を蒸す/ 3.葉を干す/ 4.お茶の試飲
(試飲は既製品となります。)
母屋の縁側でのんびりとお茶をいただきます。
ご希望の方は、今回採取した桑の葉をお持ち帰りいただけます。
また、今回作った桑の葉茶のふるまいを後日予定しております。

日時:6月 29日(土) 13:30~ 15:00
場所:風の沢ミュージアム母屋前集合

料金:無料
講師:中野聡子(今年度企画展作家)
持物:汚れてもよい服装、軍手
主催:風の沢ミュージアム★

 





 

「紙の章」和紙に繭を描こう

「紙の章」和紙に繭を描こう
日時:5月5日(日) 13:30~
越前和紙の手触りを感じながら繭の絵を描き、 完成した作品で踊る遊びをします。
場所:レジデンス棟
料金:500円
作家:一條 好江
主催:風の沢ミュージアム
今年度企画展作家のひとり一條さんを講師に、和紙を使ったワークショップを開催。
和紙の質感を感じながら、思い思いの繭を描いていった。
出来上がった後は風の沢ミュージアム館長・森繁哉と一緒に屋外で身体を使った遊びを体感いただいた。





「木の章」不思議ワークショップ

「木の章」不思議ワークショップ

野外から採取した素材を使っての木工ワークショップ。
日時:4月28日(日)13:30から
場所:レジデンス棟から馬屋前へ変更
料金:300円
作家:外丸 治
今年度企画展作家のひとり、外丸さんによるワークショップ。施設内に生えている笹竹を切り、その稈を曲げてモビールを造作。その中心には外丸さんがあらかじめ用意した小さな木彫の造作物を据えた。参加者それぞれがオリジナルの造形、そして飾った時の動きを楽しんだ。


「ギャラリーツアー」

「ギャラリーツアー」



日時:4月14日(日) オープニングセレモニー終了後
場所:母屋前
料金:入館料のみ
案内:森 繁哉

作家:一條 好江、清水 貞志、外丸 治、中野 聡子
総合監修の館長・森繁哉が家ミュージアムにいざないます。
各作家から作品についての解説や質疑応答をいただきました。

「オープニング」

行動芸術展「家は歌っている-お蚕様の紡ぎからー」
「オープニングセレモニー」

オープニング
日時:11:00から
場所:母屋前
ギャラリーツアー
オープニング終了後
案内:森繁哉(風の沢ミュージアム館長)
市内外から大勢の方々でにぎわいました。

行動芸術展「家は歌っている-お蚕様の紡ぎから-」

2019行動芸術展「家は歌っているーお蚕様の紡ぎからー」

この地方には、養蚕という産業が家計を支えていた時代があります。そうした営みの深部には、そのことを担っていた家人の夢や希望の原質が眠っているはずです。そんなことを考え、今回、風の沢ミュージアム「家シリーズ」の第二弾として、標記の「行動芸術」を創りました。
それぞれの作家、研究者、地元技術者たちが「養蚕」の原型に想いを馳せて、「蚕=羽化」への変化のプロセスを作品化していきます。
「蚕」という生き物が幾重もの変貌を遂げていく様は、私たちの存在の象徴ともいえますが、そのことを担ってきた人々の夢の紡ぎ方でもあると思えます。家で繰り広げられてきた人々の想像力の展開をご鑑賞ください。    総合監修:森 繁哉

行動芸術
それぞれの作家、研究者たちが多様な思考と技術の参加を持って、ひとつの作品の成立を目指していく芸術行為の在り方

日時:2019年4月14日(日)から10月20日(日)まで
場所:風の沢ミュージアム(〒987-2302宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11)
主催:風の沢ミュージアム
共催:NPO帰園田居創生機構
後援:栗原市、栗原市教育委員会, 河北新報社

作家 一條 好江
内に秘めた情念の夢を一枚の紙に転化して、私たちを夢幻世界に誘う日本画家
作家 清水 貞志
大地の息吹をそのまま感じさせるような力強い作風で陶芸の新しい世界を築こうとする陶芸家
作家 外丸 治
少年時代に野山で遊んだ不思議に懐かしい体験を木工作品にしてみなさんにお見せする木造形の
作家 中野 聡子
柔らかな身体の質感と季節のたおやかさを日本画に織り込んだ作品で将来を嘱望される作家
調書 早川 知子
民俗社会を丹念な調査によってその深層性と固有性を明らかにしていく研究者
監修補助 松村 知紗
今企画展の資料と文献を採録しながら監修補助として関わりつつ、イベントでは歌と踊りを披露する舞台活動家
デザイン 高橋 尚史
紙媒体を格好のデザインによって伝達媒体に仕立てあげていく地域在住の仕事人

冊子「お蚕さまに会いにゆく」
監修:森 繁哉
調書:早川 知子
調査:松村 知紗
※企画展終了後も一部500円にて販売中。