里山人間学第3回「鎮魂の芸能としての神楽」-震災復興と民俗芸能-

里山人間学第3回「鎮魂の芸能としての神楽」-震災復興と民俗芸能-

東日本大震災の復興に民俗芸能との関りで尽力した宗教学者が芸能の力、 芸能の波及性について考えます。
日時:10月6日(日) 13:30〜
場所:カフェ
料金:1,000円
講師:鎌田 東二
主催:NPO法人帰園田居創生機構
平成31年度地域づくり団体活動支援事業

1.災害大国日本
2.災害と神話
3.災害事例と神社と神楽・芸能
4.まとめ

自然と共生してきた昔の人々の知恵が内包された地域芸能や、神社などの役割に触れながら、これからの時代を生きるための指針を示した。

里山人間学第2回講義「東北学から武蔵野学へ」

里山人間学第2回講義「東北学から武蔵野学へ」

東北の地を隈なく歩いて「東北学」を提唱した氏の宣言は、いまだに東北の未来図を描き切ったものとして高く評価され、さまざまな指針に取り上げられております。その後、氏は「武蔵野学」を提唱し、再び、地域の固有性に向き合おうとしています。「武蔵野学」は新しい東北の学の始まりであるかもしれません。講師と共に、地域を考え、そこから現代に有効な地域思想を紡いでみましょう。
日時:9月21日(土) 13:30〜
場所:カフェ
料金:1,000円
講師:赤坂 憲雄
主催:NPO法人帰園田居創生機構
平成31年度地域づくり団体活動支援事業

赤坂 憲雄 学習院大学教授、福島県立博物館館長。専門は東北文化論と日本思想史。東北学を掲げて、地域学の可能性を問いかけてきたが、東日本大震災を経て、東北学の第二ステージとさらには武蔵野学を探り始めている。主な著書に、「異人論序説」「排除の現象学」(ちくま学芸文庫)「岡本太郎の見た日本」「性食考」(岩波書店)「司馬遼太郎 東北を行く」(人文書院)など、多数。

民俗学者である赤坂氏が、若き頃の体験を振り返り、民俗学における聞き書きの重要性を説いた。長年の盟友である、風の沢ミュージアム館長・森繁哉と共に、地域思想についての対談も織り交ぜながら進行。当日は市外からの参加者が多く、講演後も熱心に質問する姿が見られた。

「ごぜ唄参上」

「ごぜ唄参上」

日時:8月11日(日) 13:30〜

場所:小劇場 馬屋
料金:一般1,500円、高校生以下無料
定員:40名(予約優先、当日先着順)
出演:津軽三味線・澤田 邦弦
打楽器・森 繁哉
唄・松村 知紗
切り絵・K.イノマタ
演出:森 繁哉
主催:NPO法人帰園田居創生機構
協力:三浦京染店、半澤 勇、武田 白龍

 

「語り物への誘い・古典を親しむ」

「語り物への誘い・古典を親しむ」

日時:7月28日(日) 13:30〜

「説教節を間く」朗読:ヒビカミカ(役者)  泉鏡花「蛇くひ」
「文芸語りを聞く」文芸語り:東 雅夫(文芸評論家、アンソロジスト) 火野葦平「魚眼記」 
「講談を聞く」講談:神田 山緑(講談師)三遊亭圓朝「百物語」 小泉八雲/田代三千稔訳「因果ばなし」
演奏:森 繁哉(舞踏家、民俗学者) 松村 知紗(舞踊手、歌手)
場所:カフェ 
料金:一般2,000円、 高校生以下無料、風の沢CLUB会員1,000円 
演出:森 繁裁
主催:NPO法人帰園田居創生機構

地元芸能の発見シリーズ 「栗原の神楽を考える講演と対談の会」

地元芸能の発見シリーズ 「栗原の神楽を考える講演と対談の会」

日時:7月14日(日)13時30分より
場所:風の沢ミュージアム レジデンス棟
参加費:一般1,000円、高校生以下無料、風の沢CLUB会員無料
主催:NPO法人帰園田居創生機構

栗原市で演じられている「神楽」の再評価と。その継続性の意味を、担い手も含めながらさまざまな観点から考察する「伝統芸能再考講座」です。その中心的な担い手を招いての、対談もあります。
講演「宮崎アニメから考察する栗原の神楽」
宮崎駿監督のアニメを参考に、芸能と地域のことを考えます。
対談「中野神楽の未来を考える」
中野神楽の地域での活動の実態と、その課題を対談します。
講師:森 繁哉(民俗学者、風の沢ミュージアム館長)
対談者:佐藤 高広(中野神楽担い手)



里山人間学第1回 講義「良寛と雪国」

里山人間学第1回 講義「良寛と雪国」
江戸時代後期、越後・出雲崎の名家にうまれた良寛さんは、18歳で出家、岡山の円通寺で本格的に修行を始めます。しかし、次第に寺のあり方に違和を覚え、34歳で諸国放浪行脚の旅でます。そして4年、迷いの日々にいた良寛さんに晴天の霹靂といえる大事件が起こりました。父、以南の自殺(享年60)でした。それをきっかけに、故郷に帰った良寛さんは、以後30有余年、村々を托鉢して歩き、人々に愛されながらも、寺に属さぬ「半僧半俗」の乞食(こつじき)僧として、孤独な生涯を送るのです。仏教では、出家した僧が故郷に帰るのをきびしく禁じています。良寛さんは、何を考え故郷へ戻ったのか。一度はすてた雪国、彼は何を見、考えていたのか?残された漢詩や和歌をみなさんとひもときながら、禅僧・良寛さんの世界をたずねてみたいと思います。

日時:6月 2日(日) 13:30~
場所:カフェ 
料金:1,000円 講師:兼歳 正英
主催:NPO法人帰園田居創生機構
平成31年度地域づくり団体活動支援事業

昨年に引き続き、里山人間学初回は兼歳さんをお招きして、良寛を題材とした地域思想についての講演をおこなった。講演後の懇談会では、参加者がそれぞれの疑問点などをお聞きし、地域思想を深める機会となった。
兼歳正英

SATOYAMA MUSIC2018 『HARVEST』

SATOYAMA MUSIC2018 『HARVEST』
  ~“IHATOV” FARMER’S SONG~

宮沢賢治へのオマージュ 「ポランの広場」より
カントリー・サイドへの憧れ
~ケルト&ブリティッシュ・ソングス~
日時:10月21日(日)開場15:30、開演16:00
場所:風の沢ミュージアム・カフェ(当日カフェは臨時休業となります。)
料金:前売2,500円、当日3,000円、高校生以下無料
出演:MIKA、ウエキ弦太、井上英司、ささきたかお
 

「みちのく講談 2018」

「みちのく講談 2018」
世界に80人しかいないといわれる講談師。みちのくの物語を講談師・神田山緑が語ります。
日時、場所:10月7日(日)
1部 開場13:00、開演13:30、カフェ(当日カフェは臨時休業となります。)
2部 開場17:00、開演17:30、母屋
講談師:神田山緑
参加費:1,500円、未就学児無料(風の沢CLUB会員は1,000円割引)
協力:三浦京染店

なお、母屋では企画展を開催しており、最終受付は16:00までとなります。
カフェにてドリンクをテイクアウトできます。

松本一哉「夏の終わり、秋の始まりの音楽会」

松本一哉「夏の終わり、秋の始まりの音楽会」

東京を拠点に活動している音楽家、サウンドアーティスト、松本一哉による演奏会。波紋音などの造形物を使用し、音の響きそのものを空間に溶け込ませて、類を見ない音の世界へと誘います。夏と秋のあいだで揺れ動く音を、ぜひ感じに来てください。
日時:9月12日(水)開場18:30開演19:00
(風の沢ミュージアムは閉館日です)
場所:風の沢ミュージアム・カフェ
料金:前売2,000円/当日2,500円(1drink付)未就学児無料

田楽マイム座オープン記念公演「里山・怪の物語」

田楽マイム座オープン記念公演「里山・怪の物語」


日時:7月7日(土) 「里山と怪談」終了後
場所:小劇場馬屋
料金:1,000円、高校生以下無料 要予約

出演 尾形美香、森繁哉
江戸川乱歩原作「押絵と旅する男」
あやかしの幻想譚を朗読、舞踊でお楽しみ下さい。

出演:K.イノマタ
紙切り芸と朗読劇 与謝野晶子原作「お化けうさぎ

紙切の超絶技巧と朗読のコラボレーションをお楽しみ下さい。

締歌:松村知紗
音響、照明:一條 好江