風の沢ミュージアム 明日開館

大変長らくお待たせいたしました。

並びに更新が遅くなってしまいご迷惑をおかけしておりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

昨今のコロナ騒動で、当館としても方針を打ち立てるため多少の時間を要しておりましたが、明日5月2日土曜日午前11時より予定通りの開館となりました。

応援いただき、また心待ちにしてくださった皆さま方に厚く御礼申し上げます。

 

以下詳細ですが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため当初の予定とは内容を変更し、

当日開館と同時に、築館の城生野神楽による奉納演舞を母屋前の庭にてとり行います。

邪気払いの意味を込めた素晴らしい舞をご覧いただきたいと思います。

それを皮切りに屋内展示も展開させていただく段取りとなります。

本年度の企画展は、行動芸術展「反復の家―寄りあう場への誘い」です。

三年シリーズの最終年ということで、人が寄り添っていく家とは何かを三人の作品をアーティストの作品を通して問いかけていきいます。

このような難しい時節ではありますが、当館としては当初の予定通り10月25日日曜日までの開館を予定しております。

期間中折合いを見てご来館いただければ幸いです。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

 

なお今後の予定を以下の通り周知いたしますので、なにとぞご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。

・5月2日が雨天の場合、神楽奉納は3日に順延します。(2日神楽奉納演舞が行われた場合3日は休館となります。)

・5月2日または3日以降、6日まで当初の緊急事態宣言発令に鑑み、休館とさせていただきます。

・開館日は基本10月25日までの土日祝日ですが、コロナウィルスの感染拡大動向を見て当館が判断し当ホームペー        ジ並びにフェイスブックによって順次告知させていただきます。

・リーフレットに記載のありました今年のイベントのうち、7月25日までのものを全て中止とさせていただきます。

理由は今夏までにコロナウィルスの蔓延の収束のめどが立たないためです。

それ以降予定されているイベント開催有無については随時こちらより発信させていただきます。

 

以上取り急ぎご報告とさせていただきます。

 

「タムタムと、めぐるトワルー2017AW-」



 ”土と自然の服作り”
「タムタムと、めぐるトワル」のワークショップ、デザインサンプルの服を使って、じぶんだけのお洋服を作ろうねのワークショップ。
10時過ぎから参加者と共に材料散策ツアーをおこない、葉っぱや木の実など、使えそうなものを拾ってきました。また、風の沢で生まれた謹製土産「素焼きの土偶ボタン」も材料として提供。皆さん個性豊かな服をデザインしました。昼食は風の沢ごはんを用意し、見て触れて体験して食べてと、十分に満足されたようです。

日時:10月14日10時から
講師: 中村紋子(美術家・写真家)&多夢多夢舎メンバー

トワル提供: TADFUR, Fur Remodeling
主催:NPO法人 多夢多夢舎中山工房
協力:風の沢ミュージアム、NPO法人帰園田居創生機構

「たむたむと、めぐるトワル」website
https://tamutamutoile.tumblr.com/


さとやま美術室「うちわに絵を描くワークショップ」

さとやま美術室「うちわに絵を描くワークショップ」


日本画の水干(すいひ)絵具を使って和紙のうちわに絵を描くワークショップ。日本画の水干絵具は古来からの顔料で色彩がとても落ち着いた風合いです。草花、果物、目に見えない風や音を感じて描くなどテーマは自由。夏の思い出を彩りましょう!気軽に楽しめるあらかじめ水でといた絵具をご準備しています。描きたいモチーフがあらかじめ決まっている方はモチーフやスケッチなどをお持ちください。なにを描いたらいいのかわからない場合は下絵をご用意しております。

時間:8月12日(土)、13日(日)
①13301430 ②15001530  (制作時間30分~1時間程度)
場所:板蔵ギャラリー
ワークショップ講師:一條 好江(日本画家)
参加費:1本1,000円(お一人様2本まで)※風の沢CLUB会員は100円引き
対象:小学生~大人向け
定員:20名(団扇がなくなり次第終了)
「絵具の簡単な説明」
水干(すいひ)絵具は、天然の土、または胡粉や白土を板状のかたまりにして染料を染め付けた微粒子の日本画絵具です。天然の土からつくられたものと、人工的に染料を染め付けてつくられたものは別物ですが、どちらも天日干しで乾燥して精製するので同じ水干として扱われています。板上なっているものを溶く前にすりつぶします。接着剤となる膠(にかわ)を混ぜ合わせ水で溶いて絵を描きます。日本画の絵具は古来からの顔料で色彩がとても落ち着いた風合いです。水干絵具という主に土が原料の顔料に接着剤を混ぜて水で溶いて描きますが、今回は気軽に楽しめるあらかじめ水でといた水干絵具をご準備しています。また表現の幅を広げて楽しめるようアクリル絵の具を併用して描くこともできます。


さとやま美術室「土器づくり」

さとやま美術室「土器づくり」

日時:7月9日(土)、10日(日)
場所:板蔵ギャラリー
料金:300円から
主催:タラチネの会
くりはら万葉祭関連企画
粘土を使って土器などを作ります。
作ったものは後日くりはら万葉祭において野焼き焼成します。




さとやま美術室「土鋲づくりと石こう型取り」

さとやま美術室「土鋲づくりと石こう型取り」



日時:5月13日(土)、14日(日)
場所:板蔵ギャラリー
主催:タラチネの会
くりはら万葉祭関連企画

縄文時代に作られた仮面や土偶などの顔を参考に、粘土で形作った装飾付きの画鋲を作ります。
1.油粘土でオリジナルの装飾を作る。
2.石こうを使って型を作る。
3.出来上がった石膏型に土器用の粘土を押し込み、取り出す。
4.取り出した粘土を乾燥し、後日野焼きにて焼成する。
5.画鋲に焼成された装飾をボンドで取り付け完成。