里山人間学第1回 講義「良寛と雪国」

里山人間学第1回 講義「良寛と雪国」
江戸時代後期、越後・出雲崎の名家にうまれた良寛さんは、18歳で出家、岡山の円通寺で本格的に修行を始めます。しかし、次第に寺のあり方に違和を覚え、34歳で諸国放浪行脚の旅でます。そして4年、迷いの日々にいた良寛さんに晴天の霹靂といえる大事件が起こりました。父、以南の自殺(享年60)でした。それをきっかけに、故郷に帰った良寛さんは、以後30有余年、村々を托鉢して歩き、人々に愛されながらも、寺に属さぬ「半僧半俗」の乞食(こつじき)僧として、孤独な生涯を送るのです。仏教では、出家した僧が故郷に帰るのをきびしく禁じています。良寛さんは、何を考え故郷へ戻ったのか。一度はすてた雪国、彼は何を見、考えていたのか?残された漢詩や和歌をみなさんとひもときながら、禅僧・良寛さんの世界をたずねてみたいと思います。

日時:6月 2日(日) 13:30~
場所:カフェ 
料金:1,000円 講師:兼歳 正英
主催:NPO法人帰園田居創生機構
平成31年度地域づくり団体活動支援事業

昨年に引き続き、里山人間学初回は兼歳さんをお招きして、良寛を題材とした地域思想についての講演をおこなった。講演後の懇談会では、参加者がそれぞれの疑問点などをお聞きし、地域思想を深める機会となった。
兼歳正英

「創作織部 廣部克爾展」

「創作織部 廣部克爾展」
日時:5月24日(金)〜26日(月)10:00~17:00
緑釉による創作織部の展示販売  ※24日(金)は美術館も開館します
場所:ギャラリー
料金:無料
作家、主催:廣部 克爾

毎年滋賀県からはるばるお越しいただいている廣部さんによる陶器の展示販売。常連となったお客さんが毎年訪れ、独特の緑釉を手に取って楽しまれた。
なお、2020年619日(金)~621日(日)の予定。







 

「紙の章」和紙に繭を描こう

「紙の章」和紙に繭を描こう
日時:5月5日(日) 13:30~
越前和紙の手触りを感じながら繭の絵を描き、 完成した作品で踊る遊びをします。
場所:レジデンス棟
料金:500円
作家:一條 好江
主催:風の沢ミュージアム
今年度企画展作家のひとり一條さんを講師に、和紙を使ったワークショップを開催。
和紙の質感を感じながら、思い思いの繭を描いていった。
出来上がった後は風の沢ミュージアム館長・森繁哉と一緒に屋外で身体を使った遊びを体感いただいた。





地域資源・縄文「縄文トークショー」

「縄文トークショー」
望月昭秀(縄文ZINE編集長)をお招きし、地域資源としての観点から縄文を取り上げ、縄文時代の生活やその魅力についてお話しします。

日時:4月29日(月祝)時間:13時〜14時30分
会場:風の沢ミュージアム・カフェ
出演:望月昭秀(縄文ZINE編集長)、他
料金:1,500円
予約:電話0228−52−2811/メール:jomonjine@furo-kikaku.com
主催:タラチネの会
共催:縄紋文化研究会

協力:風呂ロック企画
平成31年度地域づくり団体活動支援事業
サステイナブル縄文展2019」関連イベント

縄文文化を現代的に考察する活動を発信している望月氏が、縄文文化の固有性と縄文人の生活、思考について解説。大木義則氏(縄紋文化研究会会長)にも参加いただき、縄文土器製作における先人の知恵なども紹介。地域文化の特徴を現代社会に活かす上でのヒントを示唆。

 

「縄文土器ワークショップ」

「縄文土器ワークショップ」


日時:4月29日(月・祝) 15:00~17:00
望月 昭秀編集長も参加。 縄文文化研究会講師の指導により縄文土器作りを行います。
場所:レジデンス棟
料金:1,000円
主催:縄紋文化研究会
サステイナブル縄文展2019」関連イベント

「木の章」不思議ワークショップ

「木の章」不思議ワークショップ

野外から採取した素材を使っての木工ワークショップ。
日時:4月28日(日)13:30から
場所:レジデンス棟から馬屋前へ変更
料金:300円
作家:外丸 治
今年度企画展作家のひとり、外丸さんによるワークショップ。施設内に生えている笹竹を切り、その稈を曲げてモビールを造作。その中心には外丸さんがあらかじめ用意した小さな木彫の造作物を据えた。参加者それぞれがオリジナルの造形、そして飾った時の動きを楽しんだ。


「サステイナブル 縄文展 2019」

「サステイナブル 縄文展 2019」

日時:4月27日(土)〜5月6日(月祝)
10時〜17時  *最終日は15時まで
入場無料
*トークショー、ワークショップ、カフェは別途料金が必要

主催:縄紋文化研究会
協力:東北芸術文化学会、風の沢ミュージアム、NPO法人帰園田居創生機構

【イベントコンセプト】
1万年以上続いたとされる縄文時代。これほど長期で1つの時代が続いた歴史は世界に例がなく近年、
世界からの注目度が増しています。現代社会が求めている自然とのバランスや、
社会のヒントは縄文時代にあるのかも知れません。
本展においては、土器・土偶の展示を通して、縄文という時代に想いを巡らせ、
地続きとしての“縄文時代”を感じ得る一つの機会にできればと考えています。

【縄紋文化研究会とは】
主に宮城に住む“縄文大好き”な人が集い、土器製作や野焼といった
実験考古学的活動を中心に縄文文化の謎を探求する研究会。
土器の作成を行うと共に、縄文時代の素晴しさを解説する活動を通じて、縄文大好き人材も発掘中。
主な出没イベントは「縄文の炎・藤沢野焼祭」「くりはら万葉祭」「アースデイ宮城おおさき」など。
“縄文人はどの様な事を考え生活していたか?”縄文文化を知った上で、自分の縄文はどんな物か向き合い、
土器制作に取り組んでいます。

縄文土器の展示販売
縄紋文化研究会会員による作品の展示と販売を行います。
4月27日(土)〜5月6日(月祝)
時間:10時〜17時(*最終日は15時まで)
会場:風の沢ミュージアム内 ギャラリー
入場無料
先着100名様へ土製品プレゼント
《参加メンバー》
大木義則、廣瀬欣孝、杉浦風ノ介、尾勝健太、Joshua Bengtson、
岡野龍泉、門間裕治、みはらかつお、佐京窯、吉田孝幸

●関連イベント●
縄文トークショー

縄文土器ワークショップ

縄文カフェ
縄文土器をイメージしたカップでコーヒーを提供
縄文クッキーの販売を行います。
4月27日(土)〜5月6日(月祝)
時間:11時〜17時
会場:風の沢ミュージアム内 カフェ
コーヒー400円〜 土器クッキー 他

【縄紋文化研究会 会長 大木義則】
1945年静岡県生まれ。國學院大学卒業。教育美術教材メーカーに在職しながら縄文土器の研究活動を行う。
1991年頃より加曽利貝塚博物館にて縄文土器の制作、野焼き等の研究活動を行う。
1995年東北芸術文化学会入会(現在監査役)。2010年陶炎会入会。年1回の作品展を東京の松坂屋、丸善で開催。
2006年より栗原市金成に拠点を移し、縄文土器制作、土器 焼き等の研究活動を行いながら、
東京、埼玉、青森、岩手、秋田、宮城にて土器、土偶制作の指導を行っている。

 

【縄文ZINE 編集長 望月昭秀】
1972年弥生遺跡である登呂遺跡で有名な静岡県生まれ。株式会社ニルソンデザイン事務所代表/縄文ZINE編集長。
ニルソンデザイン事務所は商品パッケージから書籍、雑誌まで、グラフィック全般を幅広く手がけているデザイン事務所。
2015年からフリーペーパー「縄文ZINE」を発行。著書に『縄文人に相談だ』、『縄文力で生き残れ』など。


【縄文ZINE】
2015年の夏から発行されているフリーペーパー(現在9号まで発行)。発行を重ねるごとに全国で新しい縄文ファンを発掘し、
現在は毎号3万部を発行、日本全国300箇所以上で配布されている。










 

「ギャラリーツアー」

「ギャラリーツアー」



日時:4月14日(日) オープニングセレモニー終了後
場所:母屋前
料金:入館料のみ
案内:森 繁哉

作家:一條 好江、清水 貞志、外丸 治、中野 聡子
総合監修の館長・森繁哉が家ミュージアムにいざないます。
各作家から作品についての解説や質疑応答をいただきました。