「サステイナブル 縄文展 2019」

「サステイナブル 縄文展 2019」

4月27日(土)〜5月6日(月祝)

10時〜17時 
*最終日は15時まで
入場無料
*トークショー、ワークショップ、カフェは別途料金が必要

主催:縄紋文化研究会
協力:東北芸術文化学会、風の沢ミュージアム、NPO法人帰園田居創生機構

【イベントコンセプト】
1万年以上続いたとされる縄文時代。これほど長期で1つの時代が続いた歴史は世界に例がなく近年、
世界からの注目度が増しています。現代社会が求めている自然とのバランスや、
社会のヒントは縄文時代にあるのかも知れません。
本展においては、土器・土偶の展示を通して、縄文という時代に想いを巡らせ、
地続きとしての“縄文時代”を感じ得る一つの機会にできればと考えています。

【縄紋文化研究会とは】
主に宮城に住む“縄文大好き”な人が集い、土器製作や野焼といった
実験考古学的活動を中心に縄文文化の謎を探求する研究会。
土器の作成を行うと共に、縄文時代の素晴しさを解説する活動を通じて、縄文大好き人材も発掘中。
主な出没イベントは「縄文の炎・藤沢野焼祭」「くりはら万葉祭」「アースデイ宮城おおさき」など。
“縄文人はどの様な事を考え生活していたか?”縄文文化を知った上で、自分の縄文はどんな物か向き合い、
土器制作に取り組んでいます。

1.縄文土器の展示販売
縄紋文化研究会会員による作品の展示と販売を行います。
4月27日(土)〜5月6日(月祝)
時間:10時〜17時(*最終日は15時まで)
会場:風の沢ミュージアム内 ギャラリー
入場無料
先着100名様へ土製品プレゼント
《参加メンバー》
大木義則、廣瀬欣孝、杉浦風ノ介、尾勝健太、Joshua Bengtson、
岡野龍泉、門間裕治、みはらかつお、佐京窯、吉田孝幸

2.縄文トークショー
望月昭秀(縄文ZINE編集長)をお招きし、縄文時代の生活やその魅力についてお話しします。
4月29日(月祝)
時間:13時〜14時30分
会場:風の沢ミュージアム内 万葉祭広場 (雨天時はカフェで開催)
出演:望月昭秀(縄文ZINE編集長)、他
料金:1,500円
予約:電話0228−52−2811/メール:jomonjine@furo-kikaku.com
*氏名、参加人数、携帯番号をお知らせください。

3.縄文土器ワークショップ
望月昭秀 編集長も参加
縄紋文化研究会講師の指導により縄文土器作りを行います。
4月29日(月祝)
時間:15時〜 17時
会場:風の沢ミュージアム内 万葉祭広場
料金:1,000円/予約不要当日受付

4.縄文カフェ
縄文土器をイメージしたカップでコーヒーを提供
縄文クッキーの販売を行います。
4月27日(土)〜5月6日(月祝)
時間:11時〜17時
会場:風の沢ミュージアム内 カフェ
コーヒー400円〜 土器クッキー 他

【縄紋文化研究会 会長 大木義則】
1945年静岡県生まれ。國學院大学卒業。教育美術教材メーカーに在職しながら縄文土器の研究活動を行う。
1991年頃より加曽利貝塚博物館にて縄文土器の制作、野焼き等の研究活動を行う。
1995年東北芸術文化学会入会(現在監査役)。2010年陶炎会入会。年1回の作品展を東京の松坂屋、丸善で開催。
2006年より栗原市金成に拠点を移し、縄文土器制作、土器 焼き等の研究活動を行いながら、
東京、埼玉、青森、岩手、秋田、宮城にて土器、土偶制作の指導を行っている。

【縄文ZINE 編集長 望月昭秀】
1972年弥生遺跡である登呂遺跡で有名な静岡県生まれ。株式会社ニルソンデザイン事務所代表/縄文ZINE編集長。
ニルソンデザイン事務所は商品パッケージから書籍、雑誌まで、グラフィック全般を幅広く手がけているデザイン事務所。
2015年からフリーペーパー「縄文ZINE」を発行。著書に『縄文人に相談だ』、『縄文力で生き残れ』など。


【縄文ZINE】
2015年の夏から発行されているフリーペーパー(現在9号まで発行)。発行を重ねるごとに全国で新しい縄文ファンを発掘し、
現在は毎号3万部を発行、日本全国300箇所以上で配布されている。

「STONES 2017 写真展」

 
栗原を拠点に活動する写真家の集団、「STONES」の写真展。 今年で3年目となります。 
日時:11月17、18、19、23、24、25、26日 11時〜19時(最終日26日は16時まで)
場所 :風の沢ミュージアム・カフェ
※入場は無料です。
出展 :イサム半澤、うのすけ、佐藤 眞宏、白鳥 千尋、 二階堂 正宏、三浦 慶子、三塚 比呂、tatsuhico.

「メダカの放流・環境保全のお話会」


日時:10月22日14時から

場所:風の沢ミュージアム・さとやま公園の池
講師:菅原 時夫
主催:風の沢ミュージアム
共催:NPO法人帰園田居創生機構
助成:平成29年度観光エコ活動推進事業

志波姫でメダカの放流を通した環境保全活動をされている菅原氏を講師に招いて、取り組みなどについてお話を伺いました。台風の影響による悪天候の中、新たに整備した池に参加者と共にメダカを放流しました。

「くろーじんぐ」


10月22日(日) 風の沢ミュージアム今年度最後の開館日。
最後を記念して、美術館入館料は無料。
午後から企画展作家・木村泰平とディレクター・ユミソンも駆けつけ、来場者と交流を深めました。

 

「タムタムと、めぐるトワルー2017AW-」



 ”土と自然の服作り”
「タムタムと、めぐるトワル」のワークショップ、デザインサンプルの服を使って、じぶんだけのお洋服を作ろうねのワークショップ。
10時過ぎから参加者と共に材料散策ツアーをおこない、葉っぱや木の実など、使えそうなものを拾ってきました。また、風の沢で生まれた謹製土産「素焼きの土偶ボタン」も材料として提供。皆さん個性豊かな服をデザインしました。昼食は風の沢ごはんを用意し、見て触れて体験して食べてと、十分に満足されたようです。

日時:10月14日10時から
講師: 中村紋子(美術家・写真家)&多夢多夢舎メンバー

トワル提供: TADFUR, Fur Remodeling
主催:NPO法人 多夢多夢舎中山工房
協力:風の沢ミュージアム、NPO法人帰園田居創生機構

「たむたむと、めぐるトワル」website
https://tamutamutoile.tumblr.com/

「野焼き大会」

10月8日(日)

「野焼き大会」


縄文土器を野焼きにて焼成します。
10時から点火し、16時頃に焼成を終え、17時頃には取り出されます。
18時からはカフェにてライブパーティーをおこないます。

「踊駄黙考」

9月23日(土)

「踊駄黙考」


企業内研修会場、多業種を各支店ごとに扱い時代を生きぬいてきたが、未来への風は真逆に吹き始めたらしい。本物だけが必要とされスピードは削ぎ落とされるらしい。驚愕の信実が今、言語に!!
「踊駄黙考」
なかじょうのぶ作・演出
出演:Kイノマタ/海苔のりこ/熊谷由海/尾形美香/東加代子/小野寺晋/なかじょうのぶ
料金:(1drink付)前売2,500円/当日3,000円(税込)
※未就学児無料
場所:風の沢ミュージアム・カフェ
時間:1ステージ開場12時30分、開演13時、終了14時35分
2ステージ開場15時30分、開演16時、終了17時35分
予約:風の沢ミュージアム(代表者氏名、連絡先、人数をお知らせください)tel.fax:0228-52-2811/mail:info@kazenosawa.jp
風の沢ミュージアム今年度企画展作家・木村泰平とのコラボレーションとなります。終演後にアフタートークをおこないます。
主催:劇団三ヵ年計画
共催:風の沢ミュージアム・NPO法人帰園田居創生機構
協力:舞台監督工房・KIKORIフォトスタジオ・武川正悦・柴田環・尾形幸哉・カントリーストア・オレンジジュースフィルム・デザインルームJIN

「くりはら万葉祭」

9月10日(日)

「第10回くりはら万葉祭」


縄文土器の野焼きと地域の伝統芸能を主体とした、土と火のまつりです。
栗原市内を中心とした11店舗の出店が並びます。
今年度企画展作家・木村泰平が、土のオブジェを手掛けます。
時間:12:00~20:30
  開会式12:00 清め祓い、鶏舞、点火式など
  昼の部14:00~17:00 ワークショップ(土器づくり、芸能体験)
  夜の部18:00~ 伝統芸能上演(鹿踊、神楽など)
場所:風の沢ミュージアム・さとやま広場
駐車スペースに限りがありますので、乗り合わせの上お越しください。

「落ちる散る満ちる 松本一哉リリースツアーin風の沢」

9月5日(火)

「落ちる散る満ちる 松本一哉リリースツアーin風の沢」

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリース―ツアーIN風の沢ミュージアム
開場:18:30 開演:19:00
会場:風の沢ミュージアム・カフェ
出演:松本一哉
料金:(1drink付)前売2,000円/当日2,500円
未就学児無料、風の沢CLUB会員500円引き
予約:風の沢ミュージアム(代表者氏名、連絡先、人数をお知らせください)

「ブツマデマツ」

8月27(日)

「ブツマデマツ」

木村泰平が仏間でお待ちしております。
この日は一日限り、仏間と床の間の建具を取り払います。ナイトミュージアムに引き続き、作品の見え方の違いを体感できる貴重な機会となります。
参加費:入館料700円(風の沢CLUB会員無料