「さとやまの自然観察会」

「さとやまの自然観察会」

普段の生活で目にする何気ない雑草や野の草花から、さとやまに自生する木々、そこに住む小さな生き物たち。そんな身近な存在を紹介しながら、風の沢を散策していきます。
この木は何て名前だろう?その由来は?昔の人はどのように利用していたんだろう?
そんな疑問に答えつつ解説していきます。自然を観察し、五感で体感してさとやまの魅力を再発見することで、自然環境保全や景観保全活動への理解を深めます。10月20日には啓発イベントとしてコンサートも予定しています。皆さんのご来場をお待ちしております。

日時:9月15日(日)13:30〜15:30頃(小雨決行)
場所:風の沢ミュージアム(栗原市一迫片子沢外の沢11)
参加費:入館料(一般500円、未成年者無料、会員無料)
※汚れてもよい服装、歩きやすい履物でお越しください。
講師:長谷川 進氏(日本自然保護協会 自然観察指導員)
主催:風の沢ミュージアム
協力:NPO法人帰園田居創生機構
平成31年度 観 光 エ コ 活 動 推 進 事 業「さとやまを聴く」

長谷川氏は7月下旬から施設内の生態系調査を進め、9月中旬まで毎週に渡り植物や昆虫などを観察してきた。その間に実に110種以上の植物、70種以上の昆虫や小動物を確認。今回散策しながら、特に特徴のあるものを厳選して、参加者と共に散策しながら解説していった。名称の由来や、形状の理由、昔の人々の暮らしが活用したことなどの説明のほか、実際の匂いや味、肌触りといった体感も取り入れ、非常にわかりやすい観察会となった。