2010「陶思考 吉川正道展」

吉川正道

KAZE2347 (1280x850)

陶思考 吉川正道展 展示風景2010 風の沢ミュージアム展示風景 能楽とのコラボレーション

2010(平成22)年 4月24日(土)~11月29日(月)

白磁、青磁の展示。
その土地の記憶を巡り、陶思考という異質な物を入れることにより、里山に変化が生まれる。

外観2010 風の沢ミュージアム展示風景 エントランスからの眺め

「人の暮らし、江戸時代末頃に建てられた農家を美術館にしたい、と杉浦節美氏は言う。かつて柳宗悦は世界津々浦々を旅し、その理念に基づく民芸を再認識させた事は周知の事だが…。
最初に訪れたとき考えた。土に密着した人の吐息や手垢、汗の臭いが重々しかった。この重さをどう昇華させるかが、私の役目と自覚した。     吉川 正道」