行動芸術展「家に帰る、カオスモーズ」

風の沢ミュージアム(宮城県栗原市)は2018年4月22日(日)から10月21日(日)まで、行動芸術展「家に帰る、カオスモーズ」を開催いたします。

風の沢「家ミュージアム」は、みなさま方のご支援により十四年に亘り、美術館としての活動を継続してまいりました。そうしたご指導を土台といたしまして、今期より、新しい展開を開始いたしたいと思います。

企画展、「家に帰る、カオスモーズ」は、家屋美術館ならではの、家の普遍性を思考し、家から発する芸術の誕生を意図いたしております。「行動芸術」と名付けられた共同制作は、ひとりひとりが、それぞれの家を持ち続けている現代の多様性を象徴いたしております。みなさんと共に、「家」=「居場所」を作り上げていけることを願っております。

「カオスモーズ」とは、カオス<混沌>、コスモス<世界>、オスモーズ<浸透>の合成語で、哲学者フェリックス・ガタリが提唱した概念です。多様な価値の中で、確かに、静かに息づいていくものへのまなざしの所在を、考えてみようとしました。

 顧問 森 繁哉

 

日時:2018年4月22日(日)から10月21日(日)まで

場所:風の沢ミュージアム(〒987-2302宮城県栗原市一迫片子沢外の沢11)

主催:風の沢ミュージアム

共催:NPO帰園田居創生機構

後援:栗原市、栗原市教育委員会, 河北新報社