2018(平成30)年

「オープニングセレモニー」 「ギャラリーツアー」
4月22日(日)
時間:11:00~/場所:母屋前

「サステイナブル縄文展
4月27日(金)~5月6日(日)
縄文土器の展示販売
主催:縄紋文化研究会
時間:10:00~17:00(最終日は~15:00)/場所:ギャラリー/入場:無料
縄文土器ワークショップ
日時:5月4日、5日、10:00~17:00(14:00まで常時受付)
料金:1,000円
縄文カフェ
コーヒー400円、縄文クッキーの販売
縄文ZINE合本販売
7冊限定

「ソシアルクラブVOL.2」
 「鳴る靴ジャーニー×電節DUO 東北ツアー2018
TAP DANCE IMPROVISATION LIVE
in KURIHARA」

  タップダンスの持つ音楽的な側面を前面に出した、
タップとギターで奏でる即興セッションライブ
 
日時:5月11日(金)
開場18時30分/開演19時30分
場所:cafeスペース
料金:投げ銭制(*要1ドリンクオーダー)

出演
村田正樹(Tap)   http://www.muratamasaki.com/
NOBUKATO(Tap)http://www.geocities.jp/nobu1025da
大須賀聡(Guiter)  https://twitter.com/satosh111

*オープニングアクト有り

制作協力:風呂ロック企画
協力:風の沢ミュージアム
共催:NPO法人帰園田居創生機構
 村田正樹 Tap Dancer 高校でストリートダンスを始める。HIP HOPダンスに魅了され、仙台でのクラブイベントに毎週のように出演。 24歳の時、仙台でTAP DANCEと出会い、佐藤勝氏に師事。 その後上京し、熊谷和徳氏に師事。 Kaz Tap Companyでの活動を経て現在ソロタップダンサーとして活動中。 2010年にはCANON EOSのCMにも起用。 2015年福岡ダンスフリンジフェスティバルにて、海外招聘を複数ノミネート/受賞。 同年別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」に出演。 ダンサー藤田善宏(コンドルズ、CAT-A-TAC)とユニット”ニヴァンテ”としての活動、下司尚美主宰”泥棒対策ライト”、福留麻里の作品に参加など、様々なフィールドで活動中。ソロでの作品創作を続けながら自分らしい表現を探求中。

 里山人間学 第1回講座「良寛」
5月19日(土)
講師:兼歳 正英(演出家、映像作家)
時間:13:30~
場所:カフェ
料金:無料

「雲爾窯展」
5月25日(金)~27日(日)
廣部 克爾 陶器展/時間:10:00~17:00
場所:ギャラリー
入場:無料

  里山人間学 第2回講座「どこにもいないあの人に会いにゆく」
6月3日(日)
講師:山形  孝夫(宗教人類学者)
ソロダンス公演「わたしのお母さん」
6月3日(日)
主演:松村 知紗 演出・振付:森 繁哉
時間:講座13:30~、公演15:30~/場所:カフェ/料金:1,500円、高校生以下無料

 田楽マイム座「少年少女のスライド文芸劇場」
7月7日(土)
主演:K.イノマタ、尾形 美香
時間:13:30/場所:三十人劇場(馬屋)/料金:1,000円、高校生以下無料/ 要予約
里山人間学 第3回講座「里山の妖怪たち」
7月7日(土)
講師:東 雅夫(アンソロジスト、文芸評論家)

「ヒラタケ展」
7月6日(金)~16日(月)  (9日~12日は休館)
写真:衡田 達彦、二階堂 正宏、押し花:星 京子
時間:11:00~17:00/場所:ギャラリー/入場:無料

 「土のオブジェワークショップ」
8月中旬から
作家:岩渕 幸治  場所:野外広場/参加:無料

 「ニシピリカ展」
8月31日(金)~9月2日(日)

「第11回 くりはら万葉祭-土と火のまつり-」
9月1日(土)
縄文土器の野焼きと伝統芸能の上演
主催:タラチネの会/場所:野外広場/参加:無料

 SATOYAMA MUSIC2018 『HARVEST』  ~“IHATOV” FARMER’S SONG~
10月21日(日)
第1部『宮沢賢治へのオマージュ』/第2部『ケルト&ブリティシュ・フォーク』
出演:MIKAを中心としたメンバー/時間:開場15:30、開演16:00/場所:カフェ
料金:前売2,500円、当日3,000円/高校生以下無料/

「STONES 2018 写真展」
11月以降
時間:11:00~17:00/場所:カフェ/入場:無料